So-net無料ブログ作成

銀魂 実写版(ヤスケンに泣かされる) [映画]

キャラクターの写真で、あ、これは結構いいかもーって思っても
いやー、どーせ、違うもんって、
ハナから期待しないで、間口開けていきました。

あ、、、、これは結構、銀魂していました!
(まぁ、最近はキャラへの思い込みが薄くはなってきてるんで)
笑って泣いて、楽しみました~。

キャラクターは違和感なかったです!
似蔵が、うーんダメかなぁとも最初は思ってたんですが、
なんか最終的には、似蔵。

ストーリーは、かぶと狩り(ギャグ)→紅桜編(シリアス)。
なんで、また紅桜編なんだよぉとは思ったんですけどね。まぁ、ね。
ただ最初のギャグ部分は、
え、こんなのずっと続くのとか思ってうんざりしそうだったんだけど、
ちょうどいい感じに紅桜編にはいっていきました。

アクションは、銀魂なので、あれでいいのかもしれないけど、
なんか普通にやりやってる感じのところも挟んであったらよかったなぁ。
スローモーションになるか、
CG処理のスピードが速くなるかどっちかっていうのが多かったので。

この映画、キャスト的に誰が楽しみだったかというと、
声のデカイ刀鍛冶、村田鉄矢役のヤスケンさん。
すごく職人気質な役どころ。声がデカく、人の話きかない。
真面目なのに、見ていておかしい。
瞬き、一回もしないの。
で、まぁ
あれで、それで(ネタバレするから書かないけど、重要な役)、なんだけど、
最後は、ね!
見てて泣いちゃったのよ。
この人やっぱり、演技うまいよーーーー。
妹の鉄子役の子も、ぴったりだったよ。
(この子はお笑い担当なキャラじゃないんで、あれでOK)

紅桜編は、
真選組の要素が足りないんだよねー。
もともと原作だと、紅桜編は、たしか全然出番なかったはず。
船に乗ったあとも、
高杉を捕えるんじゃなかったの?なのに、
神楽ちゃん達を爆破していく船から連れ出す役目になってるし。
うー。

以下箇条書き
・「にやーにゃー」じゃなくて、「ぎゃーぎゃー」な。
・エリザベスがあんなことになってビックリ!
・岡田ヅラは、髪がもっとさらさらに!役はあってた!
・定春も、リアルモフモフだったら、、、、
・神楽はコマさん?
・又子は、ビジュアル良いけど、セリフ廻しが、まだまだ。
・長澤まさみも、もっとふっきれてたら~。あ、お妙さんの着物の裾が!
・銀さんは、ちょっと捨之介(髑髏城の七人)ぽい。
・神楽ちゃんかわいい!
・高杉、倒れた時の着物の裾が広がり過ぎ。足が出過ぎじゃー
 (ちょ、おま、「どうにでもしてくれ」かよと頭、腐る)
・武市ヘンタイは、なんだろ、キャラがずれているんだけど、武市ヘンタイでした。(笑)
・源内さんのトコに、なんかサンライズ的な赤い3倍速い人の。!取りに来た~
 (恰好は、、、、ですが、中身は「アイボウ」に出てたあの人。
・銀さんの子供時代の回想シーン、子供たちの顔は、うううん?だったけど、
 海辺のシーンは雰囲気でてた。
・あの役は、ヤマちゃんでした。
・ジ〇リのアレっぽいの、出てた。客席から、「大丈夫かーっ」て声が(笑)

・絶叫上映あるといい。

・あ、このメンツで続編というか2作ってほしい!!!(そしてコケロ)(^_^;)



いやー実は、久々の映画館でした。
2011年の戦国BASARAの「ラストパーリー」以来かもしれん(^_^;)
6年ぶりとかマヂかーー(爆)
はじめて、チケット売り場の人のいる窓口じゃなく、画面からチケット買ったよぉ。ドキドキ。


コメント(0) 
共通テーマ:映画

こ、これは、「アンジェリーナ」のジャケット写真に近い [映画]

「劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇」(2013)

テレビドラマは見てましたが、
映画は結局見ていなかったので、
前にwowowで放映あった時に録画しておいたのを
ざーっと流してました。(あとで、ちゃんと見る。。。)

遠藤憲一さん(役名失念)が、
当麻(戸田恵梨香)を訪ねてきて、
当麻の父親の大学生頃の写真を見せるシーンがあるんだけど、
そこで、おっ!??

父親役はミュージシャンの佐野元春がやっていましてね。
ドラマ見ていた当時、、
佐野さんが出てきた時は、びっくりしたんだけど。
(ドラマなんかに出ない人だったので。)

で、そのシーンの
父親の若いころの写真がだなー。
佐野さんの1980年のデビュー曲
「アンジェリーナ」のシングル盤レコードのジャケット写真の顔なのでは??
と。

ごそごそ。

0spec_1.JPG
ほぼ同じ(時代の)写真ぽいなー。


ちなみに、映画で、
エンケンさんが「ちなみに、これが俺」といった写真は、こちら。
0spec_2.JPG
顔わかんないですが、
髪長っっ!
これもご本人の写真なのかな(笑)



ちなみに、
後篇「爻ノ篇」も録画したものを
ざーっと流してみてたら、
ヤスケンさんもいるじゃないー(キャッ)

また時間ができたら、
じっくり見よう、、、、
(話なんだかよくわかんないんだけど、がんばる!)
コメント(0) 
共通テーマ:映画

右近さんが雨宮だったんですねぇ [映画]

今さらですけど、
wowowで放送あったので、録画して、
映画「魍魎の匣」(2007)見ました。

原作は、読んだことがありませんが、
アニメは見ました。(あんまり覚えていませんが。)

映画は、
なんだか、その3時間前とか、1時間後、とかみたいに、
時間が進んだり、戻ったりで、
気にしてたら、なんだかわけがわからなくなりました。
話も、はしょっているのか、展開が早いし。
そしてオンボロテレビのせいか、設定のせいかわからないけど、
音楽の方が、大きくて、
セリフが、すごく聞き取りづらい。。。。
第二次世界大戦後直後の日本が舞台ということなんですが、
ロケ地(上海?)の雰囲気が、
なんかこの話の世界にあってて、街の風景などは、
結構お気に入りです。
出てきた、洋館は日本のじゃないんだろうか?

クドカンさんが、久保役っていうのは、面白いですね。
不気味さがイイ!
(全然関係ないけど、クドカンさんの手が好き~。)

この映画でなにが楽しみだったかっていうと、
アニメで、私には印象的だった、
匣の中の娘が“ほーっ”っていうシーンが、
どんなだったの、気になってまして。

以前、見た人にそのシーンの事を聞いたことがあったのですが、
これくらいの箱で、、、なんかあんまり、、、的な返事をされてたんですよ。

。。。。出てきた。。。。うーーーん。
これでは、ちっとも”羨ましく”ならない~!
しかも、なんだかよくわからないし。

だが、
その匣の中の娘に話しかけていた人・雨宮役の役者さんが、
劇団☆新感線の右近健一さんだってわかってびっくり。
エンドロールで確認できたんですけどね。

この映画のことは、
キャストとか全然知らなかっのですが、
見てる最中にも、雨宮がでてくると、
右近さんに似てるなーとは思ってたんですけど、
自信がなくて。
右近さん、新感線の舞台でしかまだ、見たことなくて、
新感線の舞台だと「~ざんす!」な語尾と、
テンション高めな役が多いから(とても面白い)から、
なんか普通のしゃべりがなじみなくてぇ。
今回のとても優しくて、繊細な人で、
病んじゃったかー、な雰囲気も、
なんだかしっくりきて、いいなーと思ったデス。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

三島由紀夫出演映画を観た [映画]

角川シネマ有楽町で5/14~6/3まで、
代表作から激レア作品、全23本一挙公開
「甦る三島由紀夫の美しき世界と夢」
と題した、
三島映画祭が開催されています。

三島由紀夫には、なんだかとっても惹かれる。
一時期すごく読みたくて、
小説も新潮文庫のオレンジ色の背表紙の文庫本が
ズラっと、本棚に並んでたりする。
読んでるのだけど、なんか読みにくいナって話と、
ド嵌りして、わーなんて素敵な話なんだーって思う話に分かれるので、
すごくファンというのでもないのだけど。


さて、映画。
これを逃すと、もう映画館では、
見る機会がないんじゃないかなーと思って出かけてみた。
といっても23作品全部を見るというのは、
仕事してる私には、無理なので、
私は、三島さん自身の出演、三作品を観て来ました。

まず、
5/14(土)の落語後に、
「からっ風野郎」、
翌日に「人斬り」「憂国」のニ作を続けて観ました。
観にこられてる方は、
割とご年配の方達が多めな感じでした。

どれも好きな映画!っていうのでもなかったけど、
観てよかった~!と思いました。

ひとつの記事にまとめようと思ったけど、
書いてたら長くなりそうなので、また別の記事にしようかと。
(たいした事書いてないのに、毎回とても時間をかけてムダに長い)
書けたら、掲載しよう。。。。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ユージュアル・サスペクツ [映画]


ユージュアル・サスペクツ

10年くらい前に見て(wowowでだけど)、
面白いなーって思った映画だけど、
詳しい内容忘れてて、ま、もういっぺん見るかなーと、
wowowで、また、放映あったので見ました。



ブラピが出てた映画「セブン」の犯人役で、
クラっと来た、ケヴィン・スペ-シーが出てたから、
見たンだっけなー。
ちょっと前に、「癒し系オヤジ」とか言われてたよね、この人。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ヨコハマのメリーさん [映画]

「ヨコハマメリー」 (2005年 監督:中村高寛)

横浜でも、
20代?30代以上じゃないともうその名前を聞いたこともないかもしれない、メリーさん。

メリーさんは、
顔はお白粉で真っ白に塗って、黒くハッキリ入ったアイライン、真っ赤な口紅、
服は、明治時代の華族様かと思うような真っ白なロングドレス、
で、背中も曲がっている老婆。
一回でも、町中で見かけたりしたら、
「あの人なんだろうーーー?」「アタマがヘンな人か?」と、絶対忘れない容貌だったのだ。

なんで、そんな格好だったのか?
メリーさんは、
戦後進駐軍の将校相手の、パンパン(売春婦)をしてた。
(聞くところによると、当時は、そういった服装の方が、モテたらしい)
メりーさんは、
1995年頃まで、
ずっとそんな格好で、伊勢佐木町の通りをカートをひいて歩いてた。
そして、横浜・伊勢佐木町から突然、姿を消してしまった。

謎が多いメリーさんを取り上げた映画ということで、
ご当地、横浜でも、話題になってた映画。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「隠し砦の三悪人」見ました [映画]

「隠し砦の三悪人」

正直、映画のリメイク版とか、(これはリボーン?)
なんか出来栄えが、ビミョウな気がして、あまり見に行かないのですが、
今回、脚本を劇団☆新感線の中島かずきさんという事で、
見に行きました!
新感線の面々も少し出演してるようですし。
そして、K川さんも!

ちょっと描きたりないなーとか、
いきなりそーなるか!?
ここ爆破させすぎじゃ、、、って、
ツッコミたくなるシーンもありましたが、
楽しく見ることができました~!

あべちゃんって、デカイな。。。。!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「相棒」見ました [映画]

映画版「相棒」見てきましたー。

「相棒」は、結構好きなシリーズで、よく見ているドラマです。
多分、この映画、
テレ朝なんかでも、バンバン宣伝していたんでしょうけど、
ほとんど、予備知識入れないで見てきました。

えーっと、そうですね、、、、
緊張が続く展開で飽きさせず、
また、ホロリとさせられるところもあり、
充分、楽しまさせていただきました!

最近、テレビシリーズで出てこなかった人たちが、
ちょこちょこっと出てきたのがうれしかったりします。
あとは、えっと思う女性ランナーが出てきたり、
友情出演のアノ人にも、笑いました。

いつもは言い合いになるはずの、
かおるちゃんとイタミンの思いがけずな協力シーンとかあって、びっくり。
(私は、イタミン・ファンですー)

でも、でも、
かおるちゃんには、右京さんがーーーっ、、、
(奇妙なフィルター発動中~)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

描かれなかった母親「嫌われ松子の一生」 [映画]

友達が、見てみたいというので、一緒に見てきました。

「嫌われ松子の一生」
監督・脚本:中島哲也
原作:山田宗樹
出演:中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子
黒沢あすか 柄本明 柴咲コウ 片平なぎさ 本田博太郎
ゴリ(ガレッジセール) マギー 竹山隆範(カンニング) 谷原章介 甲本雅裕 
宮藤官九郎 劇団ひとり 武田真治 木野花 荒川良々 他(順不同)
 
うーん、話の大筋は、ミュージカルっぽく楽しくしてあるけど、ド演歌な世界かなー。
映像は、ほぼ全編にわたって、色づけがしてあってカラフルでポップ。
お花もいっぱい咲いてたし。ちょっとやりすぎな感じでした。
これがあるから、話の暗さが、薄らいだというのもあるんでしょうけどね。
濃いキャラクターの人達が、次々出てくるので、飽きさせませんが、
松子がかわいそうで、うるっとなう場面もありますが、
全体的に私には、あまり共感できるところが、ほとんどなく、なんか見てて疲れた。。。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

花よりもなほ [映画]

友達から、映画「嫌われ松子の一生」見に行かない?と誘われ、
いいよーとなったのだが、
いざ、映画館についてみると、ちょうどいい上映時間のチケットが売り切れていた。
ええーーーっと、人気があったんだね「松子」は。
そんなわけで、私が見たかったこちらの映画に急遽変更。

「花よりもなほ」

監督/脚本:是枝裕和
出演/岡田准一 宮沢りえ 古田新太 國村隼 中村嘉葎雄 浅野忠信 
原田芳雄 香川照之 田畑智子 夏川結衣 石橋蓮司 上島竜兵 
木村祐一 千原靖史 加瀬亮 寺島進 平泉成 絵沢萠子 他

ネタバレあり

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画