So-net無料ブログ作成

ベジャール・ガラ  [バレエ]

2010年8月15日(日)  @ゆうぽうとホール
東京バレエ団 「ベジャール・ガラ」 (振付:モーリス・ベジャール)
 【演目】
 1.ギリシャの踊り
 2・ドン・ジョバンニ
 3.ボレロ

久々にバレエを見てきました。
それぞれ、もう、何回か見ているプログラム。
ただ「ボレロ」のメロディを、
パリ・オペラ座のニコラ・ル・リッシュが踊る!っていうので、
(ニコラも以前 パリ・オペ公演や、
バレエ・フェス等でシルヴィ・ギエムのパートナーだったりで、数回見てるはず)
わーどんな感じになるんだろーと、チケット取りました。

が、
公演当日、朝から、軽い頭痛が続いてまして、
ちょっと辛かったこともあってか、
残念な鑑賞となってしまった。

あと、
12月公演のベジャール振付の「M」の、
会場予約もしていたので、予約してきました。
こちらは、ダンサーとして7年ぶり!!に舞台に立つ
小林十市さんが出演!(ヤッター!)
ダンサー復帰公演と引退公演(笑)の2公演。
ちょっと心配はありますけど、見届けようと思ってます!

以下は、バレエの技術とかさっぱりわからない、
私の個人的な感想になります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ベジャール・ガラ [バレエ]

2009年2月11日(祝) @ゆうぽうとホール
東京バレエ団
【ベジャール・ガラ 】
「ギリシャの踊り」「中国の不思議な役人」「ボレロ」
振付:モーリス・ベジャール 振付指導:ジル・ロマン、小林十市

ごめんなさい、
バレエ、詳しくないですけど、
書きたい放題です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バレエになったうさぎ達 [バレエ]

まず、先に、、、
ええええー、首藤タン、足を痛めた?
私が見る日は、今のところ出演予定になっているけど、あああああ。
心配だぁ。無理もしてもらいたくないし。。。。
どうなるのかなぁ。

そういえば、11さんのブログで、
役人11さんと娘首藤タンのレッスン写真に見て、
あーこの二人が一緒に踊ってるトコ、マジ見たいー!!!
って、萌えちまいました。
今となっては叶わぬ夢。。。。(つД`)

*****

さて、
先日、古田新太さんの「リチャード三世」を見た時に、
劇場内に貼ってあったポスター見て驚いた。

「ピーターラビット ザ・バレエ」上演だってぇ!?
えーえー、これ、すごい見たかったの!
かなり、原作絵に忠実な着ぐるみ衣装で、踊るんですよ。
マスク被っているのでダンサーの顔は見えないんです。
中にはいってるダンサーは、大変なんだろうなー。。。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

東京バレエ団/ザ・カブキ [バレエ]

2008年12月13日(土) 3:00pm @東京文化会館
東京バレエ団 ベジャール追悼特別公演シリーズⅣ
「ザ・カブキ」
振付:モーリス・ベジャール
音楽:黛敏郎

【キャスト】
由良之助:高岸直樹、直義:横内国弘、
塩治判官:首藤康之、顔世御前:斎藤友佳理、
力弥:大槻政徳、高師直:木村和夫、伴内:高橋竜太 他

久々の「ザ・カブキ」。
今回は、久々に首藤さんも出演されるので、チケット取りました。
「ザ・カブキ」は、
歌舞伎などの演目「仮名手本忠臣蔵」をベースにバレエ化した作品です。
レオタードに打ち掛け姿だったり、衣装もキモノ風にアレンジ、
踊りも、日本舞踊風なところがあったり、歌舞伎っぽい感じがあったりと、
バレエとして見ていて不思議な感じもしますが、
私は毎回、楽しめます。
もちろん、全体的に好きなのですが、
後半の、討ち入りのシーンが、カッコイイです!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ベジャールの「くるみ割り人形」 [バレエ]

2008年11月7日(金) @東京文化会館
東京バレエ団  ベジャール追悼公演シリーズⅢ
モーリス・ベジャール振付「くるみ割り人形」
出演:高橋竜太 吉岡美佳 松下裕次 首藤康之 高村順子
高岸直樹 野辺誠治 井脇幸江 西村宗孝
小出領子 木村和夫 他

ここ数年、ベジャール作品を中心に、
東京バレエ団を見てきたんですが、
好きなダンサーさん達の退団があいつぎまして、
もう、見ないかなーって、漠然と思ってました。
が、今回、以前のレパートリーを封印した、
首藤さんが踊るって!っと聞いて、
チケット取りました。
首藤さんの踊り好きなんで。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

東バのベジャール追悼公演に、 [バレエ]

バレエ振付家のモリース・ベジャールさんが、
昨年11月に亡くなられてもう、半年経つのですね。

モリース・ベジャール・バレエ団も現在来日公演中ですねー。
(見に行く予定はないけど)
ベジャールさんの振付作品を多く上演してきた東京バレエ団も、
今年は、追悼公演がいくつかあります。

で、今年の11月からの東京バレエ団の、
モリース・ベジャール追悼公演に
なんと!シルヴィ・ギエムと首藤康之さんが特別出演!

首藤さんの踊りが久々に見たいです!

ギエムは、
日本での公演を封印したのを解いて「ボレロ」を踊るんですが、

むしろ、私としては、、、、

首藤さんも「ボレロ」を踊ればいいのにぃーと思うヨ!
(ダメですかィ?)
何回か見てるけど、もっぺん見たいよぉ~!!

演目(詳しい日程等は、NBS,または、東京バレエ団のHPを見てくださいね)
2008年11月「くるみ割り人形」
  〃  12月「ザ・カブキ」
2009年 2月「ボレロ」「ギリシャの踊り」「中国の不思議な役人」、
         「ボレロ」「ペトルーシュカ」「ドン・ジョバンニ」



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

東京バレエ団 / ベジャールのアジア [バレエ]

【ベジャールのアジア】(舞楽、バクチⅢ、中国の不思議な役人)
1/28(日) @東京文化会館 15:00

「舞楽」
小出領子、高村順子、大嶋正樹、長瀬直義、横内国弘、高木綾

以前に、見ている作品のはずだけど、
ご、ごめんなさい。この作品ちょっと寝てしまった。。。。

「バクチⅢ」
シャクティ:井脇幸江、シヴァ:古川和則
それぞれ真っ赤な衣装。古川さんの少年のようなややあどけないシヴァに対して、
井脇さんの、色っぺー、艶っぺー、シャクティ。ドキドキ。
こちらは、充分、魅入ってしまいました。
この作品は、ヒンズー教をテーマにしていて、音楽もインドの伝統音楽を使ってます。
あんまり聞きなれない音楽なのに、
今回なんだか、音楽がずっと耳に残ってて、不思議な感じがします。

「中国の不思議な役人」
無頼漢の首領:後藤晴雄、第二の無頼漢-娘:小笠原亮、
ジークフリート:中島周、 若い男:西村真由美、
中国の役人:木村和夫

2004年、東京バレエ団初演。
当時、ベジャールさん新作の「今日の枕草子」の公演予定だったけど、
体調不良で、ドクターストップがかかったため、この演目に変更。
(「今日の枕草子」は、まだ上演されてません。まぼろし作品になってしまうのでしょうか?)
役人役、木村和夫さんと、首藤康之さんで、見てます。娘は、古川和則さんでした。
人民服姿のダンサー、男性がラメやファーの付いたレオタード姿で踊る”娘"役、
女性ダンサーが演じる”若い男”と、倒錯した雰囲気なのです。

ストーリーも、
貧民街の夜、街の無頼漢達が、娼婦の"娘"を使って、
男を誘惑し、金品を奪って殺すことを繰り返していた。
同じように、娘に魅入られた"中国の役人"も当然、殺されるのだが、
彼の"娘"への執着心は強く、殺しても殺しても生き返ってくる。。。
"娘"は観念し、"役人"の思いを受け入れる。
役人は満足し、やっと息絶える。。。。。といった内容です。

以前、ベジャールのバレエ団の来日公演もあったようですが、
そちらは見ていなかったので、
初めて見た時、正直、
エエェ━━━(((((゚д゚))))━━━ !!!
何コレ!!?(つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)ポカーン
で、ございましたよ。でも、なんだか気に入ってて。エヘヘ。

多分、もう上演しないかなーって思っていたので、今回の再演はうれしかったーー!
ベジャールさんの男性ダンサーの群舞って迫力があるので、好きです。
この作品にもあって、街の無頼漢達は、普通に、ジャケット、シャツ、パンツの姿なんですが、
ダンス、カッコイイ!!
また、演劇的なところもあるので、
首領、娘、は、今どんな表情を?って、あっちゃっこちゃ、オペラグラスで、追いかけました。
(役人は無表情なんで)

首領役の後藤さんのワルーイ人の顔とか、ゾクゾクきますねぇ。
(ダブルのスーツ、ビシっと着こなし、アコーディオン弾いてたり!!カッコヨスギだ!)
"娘”の小笠原君、正直最初は、ややゴツめの体型にアノ衣装は、
うっ(~_~;)となってしまったのですが、
なにやら表情や仕草など、見ていくうちにキュートに思えてきた(イ、イカン。。。)
男性がヒールのあるダンスシューズ履いて踊るのって大変だろうなぁと思います。
もうホント、"がんばれぇ~"って応援しながら見てました。
役人の木村さん、
人力車での登場シーンから、ゾーッとさせるものがあり、
始終、人間じゃないものみたいな動きで、恐かったよぉ。

ネタバレ??

でもね、あんなに娘に執着してたのに、
ラストが、、娘が投げつけた金髪のカツラに、
下半身押し付けて、("牧神の午後”のラスト???)満足し?息絶えるってのは、、、
うむむむむ。カツラでいいのか!?やっぱり、ワカンネーヨ!?
下品な表現ですいません。でも、この作品好きですよー♪

こんな感じでしすが、(いいのか、こんなで?)
ベジャール作品は、これからも見ていこうと思ってます!
あー、次は、
後藤晴雄さんの「ボレロ」が見たいんです!
海外でしか踊ってないんだよね?
公演としては、水香ちゃんが踊った方が集客力があるのは、承知してますが、
東バさん、よろしくおねがいします!
あ、以前は、首藤さんの踊る「ボレロ」ばかり見ていて、
実は、高岸さんのボレロも見たことないんで、また、ぜひお願いしますーーーー


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

東京バレエ団 / ザ・カブキ [バレエ]

東京バレエ団 モーリス・ベジャール生誕80年記念特別公演シリーズ(Ⅳ)
3演目のうち、12月の「くるみ割り人形」は、パスしましたが、
「ザ・カブキ」と「ベジャールのアジア」の公演を見に行きました。

【ザ・カブキ 】
1/24(水) @東京文化会館 18:30
キャスト 由良之助:後藤晴雄、 塩冶判官:平野玲、 顔世御前:吉岡美佳
高師直:木村和夫、伴内:中島周、勘平:古川和則、おかる:小出領子 他
歌舞伎の演目、「仮名手本忠臣蔵」のバレエ化。

この作品を見るのは3回目。
一回目が、19年ほど前で、まだあんまり全然舞台を見てなくて、
バレエ、歌舞伎、ミュージカルなんかをチョロっと見始めた頃。
なのであんまり先入観なく、"バレエで、歌舞伎の仮名手本忠臣蔵ってどんなんだろう?しかも振り付けが外国人!?"って具合で興味津々。でも、見て、なんか凄いって思えた。

だって、それまで見てたのは、
「白鳥の湖」や「眠れる森の美女」など女性が主役のクラシックバレエだったのだけど、
この「ザ・カブキ」は、モダン・バレエで、男性が主役。
ダンスも、"摺り足""内股”など通常バレエでは、ありえない表現があったり、
ポーズも歌舞伎で使われるようなものがあったり、イノシシがでてきたり、
衣装もレオタードの上に、着物や羽織など。色々おもしろいなーって思えて。

お話は、現代の青年が、忠臣蔵の時代にタイムスリップ、そしてリーダー(由良之助)となって、四十七人の仲間と共に、敵討ちに行くという、当然!な内容です。
四十七士の討ち入りのシーンは、カッコイイ!です!

2回目は、2004年、首藤康之さんの東京バレエ団退団の時。
これ面白いじゃんと再確認。
1回目、2回目と主役の由良之助は、高岸直樹さんで見てます。
身長が190センチ近くある方で、踊りもダイナミック。
みんなの頼れるリーダー由良之助でした。
2004年からだったか、その由良之助役に後藤晴雄もキャスティングされるようになって、
その時は、見逃してしまったので、
次の公演の時は、是非!と、待っていました。

晴雄さんは、丁寧で綺麗な踊りでした。
リーダーシップ、バリバリに発揮するタイプじゃないけど、なんか皆が集まってくれる、、、
そんな感じでした。
勘平、おかるは、それぞれ、古川和則さんと小出領子さん。
小出さん、顔ちっちゃくって、お人形さんみたいだったー、かわいいー。
古川さんも、動きが柔らかくて好きなダンサーなんですけど、
勘平役は、、、、以前、在籍してた、後藤和雄さんのイメージが残ってて、、、
和雄さんのも、よかったなぁ。。。。

討ち入りのシーンは、やっぱりカッコイイ!!
ここだけ見られただけでも、いいんですよ。
ちゃんと47人いますからねー。
男性ダンサーによる群舞って、迫力ありますね!!
「ザ・カブキ」は、何年か毎に、繰り返し見続けたいと思っている作品です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ベジャールさんを語る~小林十市~ [バレエ]

ベジャール生誕80年記念特別イベント
「小林十市、ベジャールを語る」 @東京文化会館小ホール 2007/1/13(土)
司会:佐藤友紀(フリーライター)

元ベジャール・バレエ団ソリストで、
現在は、ドラマ「プリマダム」に出演や、
舞台で俳優としてご活躍の小林十市さんのトークイベントへ出かけました。
実は、私は、
数えるほどしか彼の公演を見たことがないのですが、
好きなダンサーだったのと、
また、振付家ベジャールさんの話が聞けるっていうのは、
めったにない機会でしたので、楽しみしてにでかけました。

ほぼ2時間ぴったりの構成でしたが、
ベジャールバレエ団での、出来事や、公演の時の失敗談・イタヅラ話、
そして、ベジャール振り付けの基本?の説明と、
少し踊り(やったぜ!)も交えながら、色々面白いお話が聞けました。
終盤には、現在ベジャールバレエ団員の那須野圭右さんも話に加わりました。
十市さんは、時々東京バレエ団の公演などで、客席にいる姿を見かけたことは、
何回か見た事はあるんですけど、
お話しされてるとこは、多分今回が初めてだったと思うけど、
面白い、楽しい人だなぁっていう印象。普通の兄ちゃん風なんですけどね。
黒髪のサラサラ・ヘア!だった。

またまた、忘れないうちにすごく長いレポ。
ちなみに私バレエの用語とかは、ほとんどわからないので、
うまく説明できないので、バレエサイトさんなどの方が、良いかもです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

HS06 服部有吉×首藤康之 [バレエ]

服部有吉×首藤康之 パートナーシッププロジェクト2006
「HS06」 
8/5 19:00 @シアターコクーン

出演:服部有吉 エレン・ブシェー ヨハン・ステグリ 
    ゲイレン・ジョンストン 大石裕香(以上 ハンブルク・バレエ団) 
    首藤康之

下北沢で、劇団"猫のホテル"の芝居を見た後、
首藤さんと、服部君を見るぞ~と、渋谷へ。
食事などとった後、会場のコクーンの着くと、入り口に張り紙があり、

"本日、服部有吉は、体調不良のため、第一部には出演しません。
第二部のみの出演になります"

あちゃーーーっ。これキツイよね、公演名に名前が着いちゃってるわけだから、
代役立てるわけにいかないもんね。どうなるんだーと不安が。。。
私は、首藤さんのファンなのだけど、
去年、ハンブルク・バレエを見たときに、服部君の運動能力もすごかったので、
今回、二人の出演で、どんな感じになるか楽しみだったのに。残念。
ぜひリベンジして欲しい気がします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇