So-net無料ブログ作成
検索選択

劇団☆新感線『髑髏城の七人』season鳥 [池田のなるしぃさん]

2017年7月3日(月)
onward presents 
劇団☆新感線『髑髏城の七人』season鳥
Produced by TBS
@IHIステージアラウンド東京

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:
阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一 松雪泰子 
粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月
梶原善 池田成志 ほか

「花」は結局見ていません。
「鳥」はなるしーが出演なのでもちろん見ますよ!
(今度はTBSの方の先行予約を使ったよ)

面白かったよー!!
客席が回るという、初めての劇場にもドキドキ。
それほど、早くって感じでもなく、
あ、回ってんなーて感じで。
ただ、スクリーンの映像のせいもあるのかもしれないけど、
お城内の上に上がっていく感じは、
ホントに座席が上がっていくような感覚になり、
ちょっと、あわわーっとなってしまいました。(恥)

新感線、初めて見たのは2004年のアオドクロで、
これ、楽しい!すごい!って感激したし、興奮したのです。
この作品見て、劇団☆新感線のファンになったし、
観劇する劇団や作品が色々広がっていったのだけど、
なんかその時のそんな感じを思い出しました。
今回のは、だいたいが、新感線に出演したことのある役者さんなんで、
私なんかは見やすかった。

サダヲかわいい!!!
松雪さんのシーンで、え、ひゃーってなったところをサクッと切り替え。
捨之介が、あんな姿で登場とは。
サダヲ、細い感じの人なのかと思ってたんんだけど、結構筋肉あるのねぇ。

未来君と太一君の殺陣がもうね、美しくてね~舞だね、あれは。

転球さんのおっさん兵庫も頑張ってました。ここはいつもと違う設定なのね。

なるしーの贋鉄斎、どうなるのかなと思ったら、
”ばってん不知火”の変形バージョン(爆)
雷さんのぐるぐる作って持ってきたかったー。
自分の電気ショックで、とりあえずいったん心臓止まるから、
周りが何回もショック与えろーってドカンドカン叩かれてwww
席遠かったので、
百人斬りはなんだかわからず(>_<)

で、すごく笑ったし、面白かったけど、
話は、はっしょってる感がハンパなかった。
サギリが捨之介に懐つくのもなんだか不明だし、
未来君の天魔王は、口調がふざけすぎてて、
新感線によくある、小物なのに態度がデカい悪者(天魔王はもちっと威厳がほしい)、
そんななのに、蘭兵衛が、よろめく感じが理解できないし、
極楽太夫も蘭兵衛さんを好きっていうか、頼りにしてる感じがあまりなく、
(これはバージョンで、印象が違うかも)す
つめこみ過ぎて、
髑髏城所見の人にはわかりにくそうだなーと思いました。


チケット、一枚しかとってなかったけど、
もう一度くらい見たいよー。

次の「風」のチケットも1枚とりましたよ。
マツケンの捨之介、かっこよさそうーーー。
じゅんさんの贋鉄斎も楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

銀魂 実写版(ヤスケンに泣かされる) [映画]

キャラクターの写真で、あ、これは結構いいかもーって思っても
いやー、どーせ、違うもんって、
ハナから期待しないで、間口開けていきました。

あ、、、、これは結構、銀魂していました!
(まぁ、最近はキャラへの思い込みが薄くはなってきてるんで)
笑って泣いて、楽しみました~。

キャラクターは違和感なかったです!
似蔵が、うーんダメかなぁとも最初は思ってたんですが、
なんか最終的には、似蔵。

ストーリーは、かぶと狩り(ギャグ)→紅桜編(シリアス)。
なんで、また紅桜編なんだよぉとは思ったんですけどね。まぁ、ね。
ただ最初のギャグ部分は、
え、こんなのずっと続くのとか思ってうんざりしそうだったんだけど、
ちょうどいい感じに紅桜編にはいっていきました。

アクションは、銀魂なので、あれでいいのかもしれないけど、
なんか普通にやりやってる感じのところも挟んであったらよかったなぁ。
スローモーションになるか、
CG処理のスピードが速くなるかどっちかっていうのが多かったので。

この映画、キャスト的に誰が楽しみだったかというと、
声のデカイ刀鍛冶、村田鉄矢役のヤスケンさん。
すごく職人気質な役どころ。声がデカく、人の話きかない。
真面目なのに、見ていておかしい。
瞬き、一回もしないの。
で、まぁ
あれで、それで(ネタバレするから書かないけど、重要な役)、なんだけど、
最後は、ね!
見てて泣いちゃったのよ。
この人やっぱり、演技うまいよーーーー。
妹の鉄子役の子も、ぴったりだったよ。
(この子はお笑い担当なキャラじゃないんで、あれでOK)

紅桜編は、
真選組の要素が足りないんだよねー。
もともと原作だと、紅桜編は、たしか全然出番なかったはず。
船に乗ったあとも、
高杉を捕えるんじゃなかったの?なのに、
神楽ちゃん達を爆破していく船から連れ出す役目になってるし。
うー。

以下箇条書き
・「にやーにゃー」じゃなくて、「ぎゃーぎゃー」な。
・エリザベスがあんなことになってビックリ!
・岡田ヅラは、髪がもっとさらさらに!役はあってた!
・定春も、リアルモフモフだったら、、、、
・神楽はコマさん?
・又子は、ビジュアル良いけど、セリフ廻しが、まだまだ。
・長澤まさみも、もっとふっきれてたら~。あ、お妙さんの着物の裾が!
・銀さんは、ちょっと捨之介(髑髏城の七人)ぽい。
・神楽ちゃんかわいい!
・高杉、倒れた時の着物の裾が広がり過ぎ。足が出過ぎじゃー
 (ちょ、おま、「どうにでもしてくれ」かよと頭、腐る)
・武市ヘンタイは、なんだろ、キャラがずれているんだけど、武市ヘンタイでした。(笑)
・源内さんのトコに、なんかサンライズ的な赤い3倍速い人の。!取りに来た~
 (恰好は、、、、ですが、中身は「アイボウ」に出てたあの人。
・銀さんの子供時代の回想シーン、子供たちの顔は、うううん?だったけど、
 海辺のシーンは雰囲気でてた。
・あの役は、ヤマちゃんでした。
・ジ〇リのアレっぽいの、出てた。客席から、「大丈夫かーっ」て声が(笑)

・絶叫上映あるといい。

・あ、このメンツで続編というか2作ってほしい!!!(そしてコケロ)(^_^;)



いやー実は、久々の映画館でした。
2011年の戦国BASARAの「ラストパーリー」以来かもしれん(^_^;)
6年ぶりとかマヂかーー(爆)
はじめて、チケット売り場の人のいる窓口じゃなく、画面からチケット買ったよぉ。ドキドキ。


コメント(0) 
共通テーマ:映画

長瀬君ってば、かっこいい。 [ドラマ]

ドラマ「小さな巨人」からの流れで、
次も見てみるかなーとなって、見始めました、
「ごめん、愛してる」。(ああ?恋愛ドラマ?と思ったけどさ)

出演ドラマ全部見ているわけじゃないけど、
長瀬君は好きな方の芸能人です。

韓流ドラマは「冬ソナ」と他に2,3本くらいしか見た事ないので、
元のドラマ作品は知らないです。
だが、怒涛の展開なのでしょうね。
もー、実は、凛華と兄妹だったとか、
サトル君と禁断の恋!?とかになっても驚かないぞぉ。

長瀬君の演技がいいですね。
セリフが少ない分、表情で見せる。
今、どう思ってんだろ、と、余計に見入ってしまうー。
長瀬君、演技うまいなー。

で、もって三話最後、
ち、なんだよ、「よしよし」って、思ってたら、
膝枕→子守歌→キス
うぉおおおいいいいっ!!
さすが元韓流!と思いつつ、
きゃーすてきぃ \(^o^)/

膝枕されてる時の
ながせーの表情がねー、
よかったす!
(これが、ドラマにハマる、長瀬にハマるということかとー)

今までも母親の事とか色々つらい目にあっているのに、、
これからは恋愛展開やら、
病の進行とか、見てるこっちが苦しくなるかもしれなけど、
どう表現してくれるのか、期待してます。

長瀬君の話になっちゃいましたけど、
他の出演者さんも、みなさんいいですね。
若菜ちゃんとこのさかな君かわいい!


*****

むかーし、
浅野温子とのドラマ(「ラブとエロス」ってタイトルだったみたい)でも、
長瀬君に、きゃーっ!ってなったことがあったなぁ。
で、え、この子、まだ、10代なの~!?ってびっくりした記憶がある。
DVD出てるみたいなんで、このドラマもっぺん見たいかも。
(調べたら、長瀬君の恋愛ドラマ出演もそのドラマ以来20年ぶり!?だとぉ。。。)


コメント(0) 
共通テーマ:演劇