So-net無料ブログ作成
検索選択

ディーゼルカー:「おれもお嫁さんになりてえ」 [マンガ・アニメ]

先日、親戚の子供たちがやってきました。
姉6歳、弟3歳。
部屋で写真を撮ろうとなった時に、
お姉ちゃんは、普段着の他に、
赤いワンピースタイプのドレスを持ってきていたので、
「ドレス着たら」といったら、
お姉ちゃんは当然ですが、
弟ちゃんも「僕も着るー」って、かわいいこと言ってくれてました。
(弟ちゃんは、いつもは女の子の服とか着ないです。
性別関係ないお姉ちゃんのお下がり的なのは着てるけど。。。)
それで、思い出しました。

大島弓子
「ディーゼルカー」
DC_1.JPG

【お話】
黄野子(きのこ)と君太(くんた)
幼馴染で仲良しでした。
DC_3.JPG
小さい時に、二人はお嫁さんを見て、
美しさに触発され、二人は婚約しました。
黄野子は、もちろん早くおとなになって、花嫁さんになりたいといいます。
そして、君太も、言うのです。
「おれもお嫁さんになりてぇ」と。

黄野子は、自分の母親に
自分と君太が結婚した場合、
両方がお嫁さんになる可能性があるか聞くのですが、
「日本全国、花むこと花よめはひとりずつです」
と一分の可能性もないと、ゆるぎなく。

そこで、
ふたりは、どっちがお嫁さんに適しているか、
いろいろ対決することになりました。
DC_2.JPG
対決の内容は省略しますが、
母のいない君太にはおばあちゃんがいますが、
お嫁さんになりたい君太の行動に、オロオロ。

DC_4.JPG

そして、
その後二人は、20歳をすぎたころに結婚します。
だいたいわかると思いますが、どんな結婚式だったと思いますか?

そして、このお話は次の言葉で終わるのです。

”黄野子は母親とは異なった人生を歩むでしょう。
君太は父親とは違った人生を歩むでしょう。”


です。

どうでしょうか?
いい話だなぁ、と思います。


私が、読んだのは、中学校に入る前でした。
フルカラー(あったのよ)のマンガ雑誌「リリカ」に載っていました。
色鉛筆のページが、ホント、大島先生の絵にマッチしていて。
マンガ読みまくっていたクラスメート達と一緒に、
「かわいい、かわいい」ってはしゃいだ記憶があります。
その頃、すでに、
萩尾望都先生や24年組さんのマンガにも夢中でした。

数年前(発行年は2012年)に、本屋のコミックコーナーで、
本になっているのを見つけて、思わず買ってしまいました。
描かれた時代には、
”ジェンダー”が云々とか、そうゆう時代じゃ全然なかったと思うけど、
1978年発表だそうなので、40年近く!たちますが、
今読んでも、古さを感じないです。
こういった話は、未だにどちらかといえば、非日常。


これからどうなるのかわからないけど、
もし、弟君が必要そうなら?、
いつかこのお話を教えてあげよう。。。。


DC_5.JPG



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

修善寺物語<発表会> [お芝居]

人形遣い入門・発表会
2017年3月29日 「修善寺物語」 作:岡本綺堂
@結城座スタジオ

以前こちらの短期講座を受講したご縁で、
結城座さんから、
こちらの発表会のご案内をいただいたので、
出かけてみました!

私が、受けたのは10回ばかりの短期講座でしたが、
こちら長期講座の方達は、
7月から3月まで、月水土の週3回の講義!
すごいです。。。。!!
その方達の発表会です。

わたしなどは、
人形動かすだけでも、
精一杯というか、グダグダでしたが、
こちらの発表会の演目は、
セリフもいいつつ人形を動かすというものです。
(結城座さんのお芝居が通常、人形遣いはセリフもいいます)

また、
今回の演目「修善寺物語」のセリフは、
現代語でなくて、昔の言葉づかいで、
言い回しがむずかしそう。

お話は、
同じ演目を前に歌舞伎で見た事があったので、
記憶をたどってなんとかなりました。

上演時間は、演者を交代しながらも、
全部で一時間くらい。

すごく緊張されてるな、な方も見受けられましたが、
結構みなさん舞台慣れしてる感じもあったり。
練習の賜物ですね!
先日、自分も小鼓の発表会もやったので、
こちらもドキドキしながら拝見させていただきました。

やっぱり舞台で演じるってすごいことだと思います。
ホント、拍手くらいしかできませんが、
皆様お疲れ様でした!

この中から、劇団員になる方いらっしゃるかなぁ。。。。。

結城座さんの人形芝居のファンになって10年くらい経ちますが、
実は、初めてスタジオに伺いました。
中央線、新宿から吉祥寺くらいまでしか使ったことなくて、ドキドキでした。
(7年ぐらい前に八王子で働いてたけど、
その時は、横浜線使ってました。)
で、本当は、武蔵小金井駅なのに、
「小金井」って言葉をきいて、
東小金井駅でいったん電車を降りてしまった。
改札出る前に気が付いて、またホームに戻った。
もともと開演ぴったりくたいだったのに、焦るわぁ。
循環バスがあったので、それに乗りました。
ちょうど、始まったくらいになんとか到着。

会場で、自分と同じ講座で一緒だった人いるかなーと、
終演後客席見たけど、いなくて(T_T)
三連休の合間だったし、
実は、連絡先も知らないし、当然といえば当然。。。。。(>_<)


コメント(0) 
共通テーマ:演劇

小鼓教室 [音楽]

去年の11月末から、
某能楽堂での、
ワークショップ、小鼓教室を受講していました。
一回1時間で全10回、
2月の末に畏れ多くも能舞台!で発表会もありましたよー。
とても満足のいく出来ではありませんでしたが、
なんとか、、、終了(^_^;)

もともと、能なども数える程度しか見た事がなく、
小鼓にすごく興味があったわけでもなかったのですが、
なんで習ったかといえば、
夏に短期の「糸あやつり人形入門塾」に参加した際に、
関連授業として、
能と日本舞踊があり、
その時は、ほんの数時間でしたが、
機会があったら、もうちょっとやってみたいかもと思っていました。

「糸あやつり」ももちろん続けてみたいですけど、
これは、なかなか習える機会が少ないわけでして。
能に関連した講座や、
日本舞踊なら、まだ、なんとか習える場所があるなぁと。

そこで、
地元にある能楽堂で初心者向けの講座があることを知り、
応募してみました。
コースは、謡と、小鼓、大鼓の3つ。
小鼓を選びました。
応募多数の場合抽選→当選、受講出来ることになりました。

やったー、小鼓が習える!なんて喜んでたのは、
講座が始まる前まででした(>_<)
初回に担当の方から、
”小鼓教室は人気がありまして、応募が沢山あったんですよー、”
選ばれし者だなんて、なんだかプレッシャー。。。(汗)

もちろん、この講座が始まる前まで、
小鼓を触ったこともなかったわけですが、
一回目の講座で、
しまったー、なんでここに来ちゃったんだろうって後悔しました。
むずかしい。。。。!!

小鼓は、
皮の部分を叩いているわけではなく、
フチに当てて、響かせるという感じ。
当て方も、指全部、薬指だけ、人差し指だけ、とあって、
きれいに響かせるコツがなかなかつかめず、
ベチベチいってるだけってことが多く(汗)。
リズムが一定というわけではなく、
どちらかというと謡とあわせる感じになるので、
間合いが取りづらい。
そして、掛け声も入れなければならず
ついでにゆうと、ずっと正座!。(本番は5分くらい)

いちおう楽譜のようなものがあるのですが、
発表会では、それを見ないで演奏するとのことなので、
まる暗記するしかなく。
もう、ほんとに全然覚えられなくて、情けないー(>_<)
イヤ、マジで、発表会でまわりに迷惑かけるかもで、
やめそうになってた、2回目で。。。。。
まだ、2回しかやってないから、出来なくていいのだと、
自分に言い聞かせ、もう少しがんばろうと。

で、
こりゃー、小鼓の中古のでも手に入れて練習するかなと思って、
合皮のものでも、、、、あ、気軽に買えない金額、、、、
ヤフオクでも探してみました。
あるにはあったのですが、やはりこちらも中古でも、
気軽に手にいれられる金額じゃーなかったので、あきらめ。

講義は録音してもよかったので、
結局そうすることに。
もう謡とあわせて覚えるしかないと思ってー。
7回目くらいから、
謡の先生が合わせに来ていただいたので、
それを録音して、
繰り返し、手の動きをつけつつ、練習しました。
それで、なんとか、形になったかと。。。。

発表会は、
能舞台にあがってで、でした。
舞台に向かって右側の小さな入口、切戸から出ます。
左足からはいると決まっているようです。
背景の松の絵が描いてある「鏡板」は、絶対に触らない、
など、ちょっと気をつける事項がありました。
服装は、
白足袋を必ず着用する事と、
使わないけど、扇子を差さないといけないので、
それ用にベルトしたりが、必要なくらいで、
他は、なんでも良かったです。
わたしは、洋服でしたが、
着物や、袴着用の方もいました!(かっこいいなー)

ほんと、一年前だったら、
鼓を自分が習うなんて、思いもつかなかったです。
とてもよい経験だったと思います。
このままもう少し続けてみようかな、とも思うのですが、
他の事もやってみたい気もあり、、、、
また、いつか機会があればいいかな、と。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

緑色の食べ物:翡翠チャーハン・翡翠ラーメン [雑記帳]

実は、勤め先は、横浜中華街に割と近いので、
ランチ、たまに出かけます。

緑色の食べ物を先日いただきましたー。

翡翠楼さんの翡翠チャーハン。
hisuich.jpg

翌日、
台湾薬膳料理 青葉さんの翡翠ラーメン。
hisuira.jpg

見た目が、えっ!?となる緑色の食べ物。
ちなみに何で緑色なのかは、聞いていません。(^_^;)
どっちも海鮮風味で食べやすく、おいしかった。

だけど、
これは、個人的な体質とかそうゆうのだと思うけど
食べた後、香りが残るのか、食べたあと、口の中がなんか違和感。
歯磨きすると、すっごくへんな感じだったよー。
一瞬具合が悪くなったのかと。

最近は、中華街も観光客目当てなお店なのか、
食べ放題を掲げている店が多くなってきて、
お昼休み1時間のランチだから、それだと、ゆっくり食べていられないのが辛い。
普通のお店のランチ探して、ふらっと入ってます。
おかゆのお店は、混んでいる。。。。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

死の舞踏 [池田のなるしぃさん]

2017年3月12日 @シアターコクーン

「死の舞踏」
作:アウグスト・ストリンドベリ 
上演台本・演出:小川絵梨子
出演:池田成志、神野三鈴、音尾琢真

とりあえず、なるしーの出演のは、出来る限り見に行く、私です。

公演が近くなって平日チケット叩き売り半額?みたいなメールが”ぴ”から、届いた。
売れてないのか。。。。
チケットすでにとってたし、今月平日の休み取りづらいしね。

で、これから、もし悩んでいる人がいるなら、
左列の方がいいですよ。
お客さんは左右列で分かれ向かい合って座り、
”谷”状態の一番下がったところに、横長の舞台を設置してるのだけど、
基本的役者さん、顔は左列の方に向いて芝居してたような。
私は右列のピアノに近い席にいましたが、
背中ばっかりみてた気がするんです。
アリス(神野さん)は本当にピアノ弾いてたのか、見えないし。

えーと、
いつもとは違うなるしーが見られます。
胡散臭い人でなく、めんどくさい人。
あ、軍人という設定が胡散臭いか(笑)
もうちょっと、ガタイいのいい役者さんの方があってたかも。
平さんの代役なので、どんなーーーってなりましたが、
「平さんだったら、どう演じるか」っていうことは考えないようにしてるって、
新聞の記事で読んだので、あまり気にせず。
いつも虚勢をはって自分を立派な人にみせようする人の役ってなんだか、、、
いっそ、軍人という設定も嘘というのはどうかなと、ニヤニヤしてました。

なるしーの真面目な 演技も見られて良かったけど。
いつもの自由な感じでやったら、
きっと、作品の印象が全然違うはずだー。

このお話見ながら、このめんどくさい人の感じ、、、、
20年以上前に、劇団四季の日下部さんと山口祐一郎さんので見た、
「スルース」っていうお芝居を思い出した。
っていうか、コルト役音尾さん、最近やってたのね、「スルース」。
そのせいか、このお芝居、イギリス人の話かなぁと思ったんだけど。
作家さんはスウェーデン人なのね。

3人だけの舞台で、
緊張感ハンパないけど、
神野さんも、音尾さんも良かったです。

エドガーから逃げたいのに、
逃げて行かないアリスも、結局似た者同士。
そのままののしりあって、一緒に暮らしていくのよね、
それも、またひとつの愛の形なのでしょうね。。。。

あ、今回、ちょっと恥ずかしかったの
時間確認して、開演に間に合うように、
(東急百貨店の方から)コクーンについたら、
ドアがしまってるどころか、
カーテンも引かれていて!!???
しばらく来てなかったから、なんか変わった?
え、公演中止とか、なんかそんなのって、
パニくりました。
落ち着けー、、、、
あ、もしかして、ここ2階席の方???
一階降りて。
入り口がありましたー。
もう。(~_~;)。

あと!
入口で配布されたチラシ束に、
「髑髏城・鳥」のチラシ入ってた~。
なるしーの贋鉄斉!すっごい楽しみ。
サダヲとあのシーン!あるのかな!体力的に大丈夫だろうか。
「花」はチケット取れなかったのですが、
「鳥」は、とりあえず一回チケット取りました~。ワクワク。


コメント(0) 
共通テーマ:演劇

脇役6人衆のドラマ [ドラマ]

最近の週末のお楽しみ、
遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研が
出演のテレ東さんのドラマ「バイプレーヤーズ」!!

よくもー、好きな感じの役者さん達を集めてくれました!な、と。

実名役、そして、(映画で共演するため)シェアハウスで共同生活するだとーー。

ふっ。

どうやら、
エンケンさんと、マッチゲさんのコンビが好きです。
二人とも、周りをひっかきまわす感じじゃなくて、
問題おこされると、フォローにまわって、苦労しちゃう感じなとこか、、な?
あの二人は、癒し系ッス。
あーもー、二人とも
白いとっくりのセーター(ハイネックでもタートルでもなく、あえて”とっくり”)が
似合うよぉ。
パンツもお揃いだしねw
(腐った目では見ていませんヨ。)

私には、
楽しすぎるわー、このドラマ。

OPとEDも好きです。
グラサン、黒スーツの6人が歩いているだけなんですけど、
ちょっと、タランティーノ?だっけ、「レザボァ・ドッグス」を
思い出させるし、
この6人で、ハードボイルドものもよさそうだなぁって、思わせるし
で、EDが、その恰好のままシェアハウスのリビングで、
炬燵にはいってあったまっているっているという。。。。。
毎週同じだけど、毎回見てしまう~。

話のあとのバイプレトークも、ドラマの延長なんだか、
本音なのか、、、でも、楽しいです。
2期があるなら、小日向さん、待ってますー。

ゲストの方達も、楽しみですし。
ジャスミンちゃんもかわいい!

みなさん、忙しそうだから、
3月いっぱいで、もうすぐ終わりなのかと思うとすごくさびしい。

録画してたけど、円盤買いそうですー。

コメント(0) 
共通テーマ:演劇